匯佳國際 Inter Area匯佳國際 Inter Area匯佳國際 Inter Area

シンガポール経済のファンダメンタルズは健全で、強力な成長の可能性を秘めています。
シンガポールは一流の金融センターとして認識されており、国際的な資産管理をサポートする強力な銀行および金融システムを提供しています。

確立された安定した銀行システムと、完全な金融および商業規制を備えた、常に世界最高のオフショア金融センターの1つです。主要な国際銀行はすべてシンガポールに拠点を置いています。

多くの多国籍企業が、金融/資金計画業務のためにシンガポールに海外 (オフショア) の会社口座を開設するよう誘致しています。

新加坡註冊

一、シンガポールで口座を開設する理由は?メリットは何ですか?

二、シンガポールで法人口座を開設できる銀行はどこですか

会社設立後、銀行口座の開設は、その後の事業運営に欠かせません。設立地域を選択する必要がある海外企業も、ニーズに応じて適切な戦略フレームワークを策定する必要があります。

シンガポールでビジネス口座を開設する際には多くの選択肢があるかもしれませんが、シンガポールのほとんどの銀行は、クレジット カード、国をまたがる資金移動の自由、インターネット バンキング、多通貨口座、貿易金融などの魅力的なインセンティブを提供しています。

提供される機能が会社の事業計画とニーズに沿っていることを確認するには、まず各銀行を理解する必要があります。事業運営に適した開発を提供する銀行を選択すると、将来の銀行関連の問題を軽減できます。

銀行を確認する前に、次の要因を考慮する必要があります。

  • 予想される銀行取引量は?
  • 最低初回入金額: 口座開設プロセスの一環として、一部の銀行では口座を有効にするために初回入金が必要な場合があります。
  • ビジネスに必要なその他の金融サービスは何ですか?
  • 口座の最低残高要件: 一部の銀行口座では、毎月の最低残高が必要です。 アカウント残高がこの要件を下回る場合、アカウントに管理手数料が発生する可能性があります。
  • 取引される通貨の種類: シンガポールの銀行は通常、複数の通貨の口座を提供しており、より幅広い種類の口座を提供している銀行もあります。
  • インターネット バンキング: インターネット バンキングは、シンガポールのほとんどの銀行の発展に追いつきました。 シンガポールの公用語の 1 つは英語であるため、言語の壁は問題になりません。また、銀行アプリやオンライン プラットフォームも非常に使いやすいです。
  • 情報の提供: 銀行口座開設のプロセスの一環として、会社の所有者、取締役、所有者が法人である場合の身分証明書類や住所証明など、一部の情報を銀行当局に提供する必要がある場合があります。受益者および支援親会社の取引文書。
  • 口座開設方法: 関係者は銀行保証を受けるためにシンガポールへ出張する準備が必要になる場合があります。また、一部の銀行ではオンラインビデオ会議による面接を手配できる場合もあります。
risk free investment –大手地方銀行–

DBS銀行
DBS銀行は1968年に設立され、以前は「シンガポール開発銀行」(Development Bank of Singapore) として知られていましたが、2003年7月21日に現在の名前に変更されました。シンガポールに本社を置き、シンガポールおよび東南アジアで最大の資産規模を持つ銀行と見なされています。

OCBC銀行
Oversea-Chinese Banking Corporation Limited (通称OCBC)は、1912年に設立されたシンガポールで2番目に大きな銀行で、現在、世界18の国または地域に630を超える支店と駐在員事務所を持っています。
UOB銀行
United Overseas Bank (略称: UOB) は、シンガポールに本社を置き、東南アジア諸国に支店を持つ多国籍銀行です。1935年に設立されたUOBは、総資産額で東南アジアで3番目に大きい銀行です。
sound way to diversify your investment portfolios –現地の外資系銀行–
HSBC銀行
シンガポールでは、1877年に香港上海銀行が設立されました。HSBCは、シンガポール政府証券市場の認定プライマリー ディーラーおよび認定債券仲介業者 (ABI) です。 
スタンダードチャータード銀行
スタンダード チャータード銀行のシンガポールでの事業は1859年に始まりました。シンガポールで最大の外国機関保管銀行です。
メイバンク
メイバンクは現在、ASEANのトップ5の銀行の1つであり、シンガポールでは適格フルバンクです。
シティバンク
シティバンクは、1902年にシンガポールに支店を開設した最初の米国の銀行です。シティバンクは、1999年に適格フルバンク(QFB)ライセンスを取得した最初の4つの外国銀行の1つです。

三、シンガポールで法人口座を開設するための必要な資料

銀行は、次の基本的な書類を必要とします。これに加えて、ケースバイケースでその他の書類が要求される場合があります。

  • 認証済み会社のライセンス。
  • 認証済み定款。
  • 在職証明書 (有効期限に注意)。
  • 取締役、署名者、および権限を与えられた人物の認証済みパスポートと住所証明書。
  • 会社の営業の証明。
  • 顧客およびサプライヤー情報。
  • 関連する銀行取引明細書または財務証明。

シンガポールで法人銀行口座を開設することは、外国企業が関連情報を確認することは不可能でも簡単でもありません。 その結果、銀行は前もってより詳細な情報を収集し、外国の顧客に対して通常よりも厳しく手続きを実施する必要があります。

ポイントは、銀行が顧客と会社のビジネス (KYC) を知る必要があるということです。 法律により、銀行はテロリストの資金調達やマネーロンダリングに対抗することを目的とした規制を遵守するために、顧客に対してデューデリジェンスを実施することが義務付けられています。銀行は、大部分の正当なビジネスから少数の悪い顧客を除外する必要があります。

銀行のコンプライアンス担当者は、新しい顧客企業が違法行為の標的になる可能性があるかどうかを把握する必要があるため、銀行は企業からの詳細な情報と文書を入手して、ビジネスとリスクのプロファイルをよりよく理解する必要があります。

銀行は、法的構造の複雑さ、会社の発起人の背景、事業活動の性質と地域、顧客とサプライヤーの取引活動の概要。 必要な情報を銀行に提供する会社の能力は、口座開設の決定を成功させる鍵となります。

四、シンガポールの銀行口座開設登録の流れ

オフショア口座を開設するのがシンガポール企業であろうと海外企業であろうと、口座開設の基本的な手順は次のとおりです:

新加坡銀行開戶流程日文 1
  1. 口座開設の銀行を確認します:
    銀行口座の開設条件としきい値を理解したら、要件に最も適した銀行口座を選択してください。
  2. 提出資料の事前審査:
    会社証明書類、事業情報など、銀行が必要とする関連情報を準備し、事前審査のために提出します。
  3. 署名するフォーム:
    法人口座開設フォームをもらって、ディレクターを署名します。
  4. 銀行審査:
    原則として、銀行は口座の署名者とほとんどのディレクターに、口座開設時にシンガポールで直接書類に署名することを要求しています。ただし、Covid-19の影響により、一部の銀行は、海外支店の1つで書類に署名したり、オンラインビデオを手配したりすることを受け入れる場合があります。
  5. アカウントレビュー:
    書類を確認した後、銀行は申請を承認し、銀行口座を開設します。
  6. アカウントを取得します:
    銀行口座情報を取得し、初回の基本預金を入金し、同時にオンラインバンキング機能を有効にします。
  7. 使い始めます:
    アカウントの準備が整いました。 入出金を行うだけでなく、アカウントに関連付けられている他の機能を使用することもできます。
銀行開戶步驟

1.口座開設の銀行を確認します:

銀行口座の開設条件としきい値を理解したら、要件に最も適した銀行口座を選択してください。

銀行開戶步驟01

2.提出資料の事前審査:

会社証明書類、事業情報など、銀行が必要とする関連情報を準備し、事前審査のために提出します。

銀行開戶步驟02

3.署名するフォーム:

法人口座開設フォームをもらって、ディレクターを署名します。

銀行開戶步驟03

4.銀行審査:

原則として、銀行は口座の署名者とほとんどのディレクターに、口座開設時にシンガポールで直接書類に署名することを要求しています。ただし、Covid-19の影響により、一部の銀行は、海外支店の1つで書類に署名したり、オンラインビデオを手配したりすることを受け入れる場合があります。

銀行開戶步驟04

5.アカウントレビュー:

書類を確認した後、銀行は申請を承認し、銀行口座を開設します。

銀行開戶步驟05

6.アカウントを取得します:

銀行口座情報を取得し、初回の基本預金を入金し、同時にオンラインバンキング機能を有効にします。

銀行開戶步驟06

7.使い始めます:

アカウントの準備が整いました。 入出金を行うだけでなく、アカウントに関連付けられている他の機能を使用することもできます。

五、シンガポールで銀行口座を開設する際の注意事項

シンガポールの銀行に口座を開設すると、資金は自由に運用できます、シンガポールの銀行は口座開設の要件が厳しいです。銀行ごとに口座開設条件と基本預金が異なります。シンガポールの銀行口座を開設する予定がある場合は、まずシンガポールの現地口座開設銀行の必要な情報を確認する必要があります。

  1. リスクの高い国や制裁対象の国、地域との取引は避ける必要があります。
  2. シンガポールで会社の銀行口座を開設するときは、登録企業名に下記のような名称が含まれていないか注意してください。例: 金融、石炭鉱業、石油など。そのような言葉を含む会社名は、銀行口座を開設するのに適していません。
  3. 会社のディレクターと株主がシンガポール銀行のいずれかの支店で悪い記録を持っている場合、シンガポール銀行は会社が銀行口座を開設することを受け入れません。
  4. 会社の株主構造はできれば単純で過度に複雑な株式保有構造を避けたほうがいいです。

六、外国人がシンガポールで個人口座を開設するにはどうすればよいですか?

シンガポールには、当座預金口座や普通預金口座など、個人用の銀行口座がいくつかあります。当座預金口座は、シンガポールでも他の国と同じように機能し、日常の銀行業務を管理できます。 ただし、普通預金口座にも当座預金口座と同じ機能が多数あります。 その結果、多くのシンガポール人は、当座預金口座ではなく普通預金口座のみを使用することを選択しています。

-多通貨普通預金口座-

マルチカレンシー口座は、通常の普通預金口座とは異なり、1つの口座でシンガポールドル以外の複数の外貨を保有することができます。これにより、口座保有者は、追加の外国為替手数料を負担することなく、銀行口座から直接海外取引を行うことができます。

外国人がシンガポールで銀行口座を開設する際に必要な書類は、銀行の要件とは少し異なります。基本的に、次の準備が必要になる場合があります。

  1. 身分証明書(パスポートまたはIDカード)。
  2. 住所証明(公共料金など)。
  3. 財務証明または現地ビザ。
  4. 一部の銀行では、推薦状や招待状が必要になる場合もあります。

七、シンガポール銀行口座開設Q&A | INTER AREA

Q1.シンガポールの銀行口座を開設できるシンガポールの銀行は?

Q2.シンガポールで銀行口座を開設するための要件は何ですか?

Q3.口座開設には何日かかりますか?

Q4.シンガポールの会社で複数通貨の口座を開設できますか?

Q5.会社設立前に会社の銀行口座を開設することはできますか?

Q6.居住国とシンガポールの間で資金を自由に移動できますか?

関連トピック