匯佳國際 Inter Area匯佳國際 Inter Area匯佳國際 Inter Area
目次
新加坡註冊_小圖1

イギリス会社設立

イギリス企業は国際的な法的地位が高く、非常に良いイメージをしており、世界のほとんどの外国企業が登録されている場所です。

shutterstock_369095120-300x200

フランス会社設立

フランスは、欧州連合(EU)最大の電子商取引市場の1つであり、安定した経済体系と成熟した金融体系を備えています。

新加坡註冊_小圖3

オランダの会社設立

オランダは北西ヨーロッパに位置し、ベルギーとドイツに隣接しています。

台北 Taipei
TEL:+886-2-2557-5607

台中 Taichung
TEL:+886-4-2320-2793

上海 Shanghai
TEL:+86 21-6090-4391

深圳 Shenzhen
TEL:+86 755-83176807

interarea@interareapsp.com

ドイツはヨーロッパの四大経済体の1つであり、その社会保障制度は整備され、国民の生活水準は非常に高いです。ドイツは基礎科学と応用研究の分野で非常に発展しており、理学と工学技術で知られる研究機関や発展した職業教育がドイツの科学技術と経済発展を支えています。自動車や精密機械を代表するハイエンド製造業もドイツの重要な象徴です。ドイツで登録することを選択する起業家もたくさんいます。

一、ドイツのビジネス環境の概要

ドイツ連邦共和国(ドイツ語: Bundesrepublik Deutschland、英語: Federal Republic of Germany)は、中欧に位置する連邦議会共和制国家であり、イノベーション分野でトップにランクされ、東はポーランドとチェコに隣接し、南はオーストリアとスイスに接し、西はオランダ、ベルギー、ルクセンブルク、フランスに接し、北はデンマークに接し、北海とバルト海に面しています。

ドイツは高度に発展した工業国です。経済規模はヨーロッパでトップであり、世界で4位です。2021年、ドイツの国内総生産は3.57兆ユーロで、価格要因を除いて前年比2.9%増加しました。

一人当たりの国内総生産は4.29万ユーロです。その社会保障制度は整備されており、国民は非常に高い生活水準を享受しています。自動車や精密工作機械を代表とするハイエンド製造業もドイツの重要な象徴です。2018年、ドイツは世界で最もイノベーティブな経済体となりました。

二、なぜドイツの会社を設立するのですか?

  • 多くの多国籍企業がドイツに進出し、ヨーロッパでの市場拡大を図るために、ドイツを選んでいます。ドイツに企業を登記する主な利点は以下の通りです:
  • 1.ドイツブランドの構築と国際的イメージ向上
    ドイツは自動車、機械製品、化学品、通信技術、電力供給設備、医療および化学機器などを主要な輸出品目としています。ドイツ企業を設立することで、企業ブランドの国際的なイメージを迅速に向上させることができます。国際的なウェブサイトやチームの構築を通じて、企業の国際競争力を高めることができます。また、国際的な法的地位が高く、欧州連合の保護を受けることができます。アマゾンの顧客はドイツ企業を登録することで、運営やブランド価値を向上させることができます。
  • 2.国境を越えた貿易の推進
    ドイツ企業名義での不動産の売買、国際貿易、資金の出入り自由化は、地元の電子商取引に進出するのに役立ちます。信頼性が高く、国際的なビジネスに適しています。
  • 3.ドイツ企業にとって海外口座開設は便利です
    ドイツ企業を設立した非国民は、国内外での事業展開が自由に行えます。国内または香港で銀行口座を開設することができます。企業登記資本金が入金された後、柔軟に利用することができます。ユーロは安定しており、利益をドイツに残すことで資産価値を保つことができます。
  • 4.ドイツの政策・福利厚生の享受
    ドイツで企業を設立し、承認を得ると、申請者およびその家族はドイツの長期滞在ビザを取得し、医療保険、年金保険、無料教育などの各種福利厚生を受けることができます。企業が通常運営されてから3年後、永住権を申請することができます。
  • 5.ビジネスビザやドイツのグリーンカード取得に便利
    ドイツ企業を設立すると、ドイツの長期ビジネスビザを取得し、25か国のシェンゲン圏内(オランダ、フランス、ドイツ、オーストリア、スペイン、ポルトガル、ルクセンブルク、ベルギー、ギリシャ、イタリア、デンマーク、ノルウェー、アイスランド、フィンランド、スウェーデンなど)を自由に移動できます。

三、ドイツの会社の種類

  • ドイツの企業形態は多岐にわたりますが、一般的には有限責任会社(GmbH)が企業登記に選択されます。
  • 有限責任会社(Gesellschaft mit beschränkter Haftung, GmbH)は、外国投資家によって最も頻繁に利用される企業形態であり、高い柔軟性を持ちます。他の企業形態と比較して、法的手続きが比較的簡単であり、株主や取引先は個人責任を負う必要がなく、企業も自己資産に限定された債務しか負いません。株主が有限の責任しか負わないため、最低支払資本額の制限があります。
  • ここで注意すべき点は、ドイツの法律では、有限責任会社の株式は均等である必要はないということです。たとえば、登記資本が25000ユーロの場合、株主Aが20000ユーロを申し込み、株主Bが5000ユーロを申し込むことができます。この場合、株主Aが企業の80%の株式を保有しており、株主Bが20%の株式を保有していますが、株式は2つだけであり、金額で表示されます。つまり、20000ユーロの1つと5000ユーロの1つです。将来的に株主Aが自分の株式を譲渡したい場合、原則として彼は自分の20000ユーロの株式全体を譲渡するか、まず複数の部分に分割してから、そのうちの1つまたは複数の株式を譲渡するしかありません。

四、ドイツ企業の登録条件

  • 1.登録資本:
    登録資本は少なくとも25,000ユーロ必要で、登記時には50%を用意し、残りは3年以内に用意する必要があります。ドイツの居住許可を申請する場合は、少なくとも登録資本が100,000ユーロ必要で、50%の資金を用意し、残りは3年以内に用意する必要があります。
  • 2.ドイツ企業の構成:
    株式会社の株主または所有者は、1人または複数の法人(または自然人)であり、自然人は外国籍であっても構いません。
  • 3.ドイツ企業の登録名の要件:
    ドイツ企業の名前は比較的自由であり、登録資本の大きさに関係なく、ドイツ政府が制限していない限り、会社名に使用できます。ドイツ政府は、国際的な、産業的ななどの用語を含む会社名を許可し、その他の特定の用語は政府の要件に従って承認されます。ドイツ企業は、ドイツ語と英語の名前を同時に使用して登録することもできます。また、どちらかの言語で登録することもできます。有限責任会社(GmbH)の名前で終わります。
  • 4.ドイツ企業の事業範囲:
    ドイツ企業の事業範囲は基本的に制限されておらず、登録時に事業範囲を記入する必要はありません。政府が許可した項目であれば、どんな事業でも行うことができます。
  • 5.ドイツ企業の登録住所:
    地元のビジネスビルの住所に設定する必要があります。

備考:
(1).自然人がドイツ企業を登録する場合、取締役と株主の身分証明書、パスポート、住所証明書書類をドイツ語に翻訳し、大使館の認証が必要です。
(2).法人名義でドイツ企業を登録する場合、最低1人の自然人が取締役として必要であり、企業の営業許可証/登録証明書、定款、取締役個人の文書(身分証明書、パスポート、住所証明書)をドイツ語に翻訳し、大使館の認証が必要です。

五、ドイツの法人税

  • 団結附加税
    1990年のドイツ統一後、統一に伴う財政的負担と東部地域の建設を促進するため、1991年にこの税金が導入されました。元々は一時的な税金として計画されており、1993年に一度廃止されましたが、その後1995年に復活しました。個人と企業の両方がこの付加税の課税対象であり、課税基準は同期の個人および企業が支払うべき所得税の額です。
  • 会社所得税
    会社所得税は、法律上の根拠として「法人税法」(KStG)に基づいています。有限責任会社の法的形式で設立された企業がドイツの会社所得税の課税主体です。会社所得税の課税主体は、非制限的課税義務者と制限的課税義務者に分けられます。ドイツ国内に本社や事業管理機関がある企業は非制限的課税義務を負い、国内外の全所得に対して課税されます。一方、本社や事業管理機関がドイツ国外にある企業は、限定的課税義務を負い、国内での所得にのみ課税されます。会社所得税の徴収方法は、個人所得税と類似しています。
  • 営業税
    営業税は、地方政府が企業の営業収入に課税する税種であり、法的根拠は「営業税法」(GewStG)に基づいています。ドイツで事業を行うすべての企業がこの税種の課税対象であり、企業の法的形態が個人合同会社であるか資本合同会社であるかにかかわらずです。この税金の課税基準は、企業の当年の営業収益であり、会社所得税法に基づいて計算された利益が営業税法で規定された増減項目の修正を経て計算されます。
  • 消費税
    消費税は共通税であり、ドイツで最も重要な税種の一つであり、製品の生産、流通、輸入、サービスなどの分野に及びます。ドイツの消費税制度では、最終消費者が実際に消費税を負担することが求められます。したがって、厳密には、消費税は企業の税務負担ではありません。基本的に、ドイツ国内で発生したすべての商品およびサービス取引に対して消費税が課されますが、一部のビジネス活動は非課税とされます。例えば、輸出、一部の銀行および保険業務です。一般消費者は消費税の還付を申請できませんが、、外国からの旅行者はEUの関税境界を離れる際に購入した商品の消費税の還付を申請できます。

関連トピック