匯佳國際 Inter Area匯佳國際 Inter Area匯佳國際 Inter Area

目次

台北
TEL:+886-2-2557-5607

台中
TEL:+886-4-2320-2793

上海
TEL:+86 21-6090-4391

深圳
TEL:+86 755-83176807

interarea@interareapsp.com

東南アジアの投資環境紹介(フィリピン、ベトナム、マレーシア)

 

東南アジアの投資環境紹介(フィリピン、ベトナム、マレーシア)

 

東南アジアは、中国の南、インド亜大陸の東、オーストラリア北西部に位置する地域が含まれます。大陸部にはカンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナムが含まれ、島嶼部にはブルネイ、東ティモール、インドネシア、フィリピン、シンガポールが含まれます。

マレーシアは両方に含まれ、東南アジアの国は合計11か国になります。以下では、フィリピン、ベトナム、マレーシアなどの地域について基本的な紹介を行います。

東南亞公司介紹 日 1

一、フィリピンの投資環境

フィリピンは、太平洋西部の東南アジアの国で、7,106の島々で構成されています。南シナ海、フィリピン海、スールー海、セレベス海、ルソン海峡に囲まれており、台湾、ベトナム、インドネシアなどの近隣国があります。地形は多山で、沿岸部は狭くなっています。政治体制は共和制です。フィリピンは、自由な私企業と中央集権的な経済計画と政府監督を含む混合経済体制を有しています。フィリピンは、アジア太平洋経済協力会議(APEC)および東南アジア諸国連合(ASEAN)のメンバーでもあります。

外国投資に
対する開放性と制限

海外直接投資の政策

  • フィリピンは、外国投資を求め、雇用創出、経済発展の促進、および持続的な成長に貢献することを目指しています。投資委員会(BOI)とPEZAは主要な投資促進機関(IPA)であり、投資家に対してインセンティブ措置や特別な投資プログラムを提供しています。フィリピンの投資環境の主な利点には、PEZAを含む自由貿易区域、大量かつ教育を受け、英語を話し、相対的に低コストのフィリピンの労働力が含まれます。フィリピンの法律は、外国投資家と国内投資家を平等に扱いますが、フィリピン憲法と外国投資法では、フィリピン人が保有する分野を除きます。投資政策やインセンティブ措置に関する詳細は、BOIおよびPEZAのウェブサイトをご覧ください。
  • 外国資本の所有に対する制限、公共投資が不十分である基盤整備への投資不足、入札プロセスの透明性の欠如などが外国投資を妨げています。フィリピンの多くの経済部門の規制体制は曖昧であり、汚職が大きな問題となっています。大規模な家族企業グループであるサン・ミゲル、アヤラ、SMを含む企業が経済構造を支配し、他の小規模企業を排除しています。BOIはフィリピンへの投資を促進し、BOIが管理する投資優先プログラム(IPP)は、大統領が承認した優先的な経済活動を定めています。政府機関がIPPに準拠した政策や計画を採用することを奨励しています。
  • 《外国投資法》(FIA)(FIA)により、求外国投資ネガティブリスト(FINL)が公表され、外国投資に制限がある産業が列挙されます。FINLは2つの部分で構成されます。
    A部分は、フィリピン憲法または法律により外国人の出資が制限されている産業を詳しく説明しています。
    B部分は、国家安全、国防、公衆衛生、道徳、中小企業(SME)の保護などの理由から外国人の所有権が制限されている分野を列挙しています。

外国人による支配、民間所有権および設立権に対する制限があります。

  • 1987年の憲法により、外国人は土地を完全に所有することが禁止されています。ただし、1993年の「投資家リース法」により、外国投資家が最大1,000ヘクタール(2,471エーカー)の連続した土地を75年間借りることができるようになりました。二重国籍者は土地を所有することができます。
  • 1991年の外国投資法(FIA)では、2年ごとに外国投資ネガティブリスト(FINL),を公表することが求められており、外国投資の制限が概説されています。FINLは、以下の投資活動について、外国人の所有/参加を禁止しています:マスメディア(録音やインターネット事業を除く);小規模な鉱業;私設の警備機関;河川、湖沼、河口域の自然資源を利用する海洋資源;協同組合;運転室;爆竹や花火の製造;核、生物、化学、放射性の兵器、及び殺傷性地雷の製造、修理、貯蔵、及び/または配布。ただし、法律、放射線学、X線技術の実践、船舶の甲板員および船舶のエンジンオフィサーを除き、外国人がフィリピンで職業を行うことが法律で認められています。これらには、医学、薬学、看護、歯科、会計、建築、エンジニアリング、犯罪学、教育、化学、環境計画、地質、林業、インテリアデザイン、ランドスケープデザイン、およびカスタムクリアランスが含まれます。しかし、言語試験、煩雑な登録手続き、およびその他の障壁がこの状況を実現するのを妨げています。
  • フィリピンは、爆発物、銃器、および軍事ハードウェア製造分野の外国資本持分比率を40%に制限しています。他の異なる外国資本所有制限を持つ分野には、以下が含まれます:民間の無線通信ネットワーク(40%);民間の人材紹介会社(25%);広告会社(30%);天然資源の探査、開発、利用(例外あり、40%);教育機関(例外あり、40%);公益事業の運営と管理(40%);商業用深海漁船の運営(40%);フィリピン政府の商品および商品供給に関する契約(40%);地元資金提供による公共工事の建設およびメンテナンス契約(例外あり、40%);私有土地所有権(40%);高級品の小売業者に対して、資本金が250万ドル未満または25万ドル未満の小売貿易企業はフィリピン人に保留されます。フィリピンは、保険調整、ローン、融資、または投資会社について、完全な外国資本所有権を認めています。ただし、外国投資家がこのような企業の株式を保有することは禁止されています。投資家の母国がフィリピン投資家に同等の相互補償権を与える場合を除きます。

アウトソーシング産業の発展

  • フィリピンは英語の普及率が高いという優位性を生かし、ビジネスプロセスアウトソーシング(business process outsourcing)産業を積極的に推進しています。この産業は年間平均20%以上成長しており、BPO産業の3分の2の収益はカスタマーサポートセンターから、残りの3分の1はソフトウェア開発、アニメーション、エンジニアリングデザインなどの非カスタマーサポート部門から得られています。フィリピンのBPO産業において、コールセンターは特に注目に値します。現在、フィリピンには約400のコールセンターがあり、従業員数は25,000人から10人まで様々です。フィリピンのコールセンター産業は、インドに次いで世界第一であり、業者の75%がルソン島(マニラ)に集中しており、次いで中部のビサヤ地方や南部のミンダナオ島に集中しています。フィリピンでコールセンターを運営する利点は、アメリカやカナダ、オーストラリアなどに比べて運営コストが安いこと、ネットワーク線設備が整備されていること、運営経験が豊富であること、政府が積極的に支援していること、フィリピンの従業員が勤勉で言語的優位性や必要なビジネススキルを持っていることなどがあります。フィリピンのコールセンターの90%以上は英語を使用し、10%は中国語、日本語など17種類の特殊言語のサービスも提供しています。
  • ”今後の10年間、フィリピンの経済的魅力を高める重要な要因の1つは、国内消費市場の急速な拡大です。「2033年までに、フィリピンはアジアで1兆ドルの価値がある経済体の1つとなると予想されており、これによりフィリピンは多国籍企業の外国直接投資にとってより魅力的になり、製造業やインフラなどの分野に新たな投資を引き付けることになるでしょう。外国投資家は、フィリピンの急速な成長を遂げる国内消費市場によって生じる機会に注目し、電子製品の生産などの製造業輸出センターと