匯佳國際 Inter Area匯佳國際 Inter Area匯佳國際 Inter Area

東南アジア会社設立

ベトナム会社登記

 

Vietnam Company Registration

ベトナム会社登記

 

Vietnam Company Registration

ベトナムは2007年にWTOに加盟して以来、徐々に市場が開放され、現在ではベトナム企業は一般的なプロジェクトに100%外資を投資できるようになり、経済は順調に成長しています。豊富な労働力と大規模な中間層の拡大、ほぼ1億人のベトナムの消費力は日々増加しており、巨大な国内需要市場を生み出し、ベトナムを急速に成長している消費財市場の場所にしています。インフラ、ヘルスケア、農業の需要は、ベトナムに直接投資する外国人投資家を引き付けるビジネスチャンスでもあります。中国の経済が減速し、人件費が高くなるにつれて、ベトナムはさまざまな業界にとって「必見」になりつつあります。

ベトナムは2007年にWTOに加盟して以来、徐々に市場が開放され、現在ではベトナム企業は一般的なプロジェクトに100%外資を投資できるようになり、経済は順調に成長しています。

豊富な労働力と大規模な中間層の拡大、ほぼ1億人のベトナムの消費力は日々増加しており、巨大な国内需要市場を生み出し、ベトナムを急速に成長している消費財市場の場所にしています。インフラ、ヘルスケア、農業の需要は、ベトナムに直接投資する外国人投資家を引き付けるビジネスチャンスでもあります。

中国の経済が減速し、人件費が高くなるにつれて、ベトナムはさまざまな業界にとって「必見」になりつつあります。

一、ベトナム会社設立種類

ベトナムで投資活動を行う際に投資家が常に関心を寄せる問題の1つは、事業タイプの選択です。

適切な業種を選択することは、会社の将来の存続と発展に大きく影響します。

2020 年投資法によると、企業タイプの選択において、国内投資家と外国投資家の区別はありません。 外国人投資家が選択できる企業の種類は次のとおりです。

  • 駐在員事務所
    駐在員事務所は、拡大する前に現地市場を観察し、市場シェアを獲得したい外国人に適したソリューションです。
    駐在員事務所は、収入を生み出す可能性のある商業活動に従事することはできません。外国の親会社に代わって、関連する事業開発、生産、マーケティング、市場調査のみを行うことができます。 ベトナムの駐在員事務所を通じて、次のことができます。
    >市場調査を行う。
    >投資パートナーを探しています。
    >投資機会を探している。
    >親会社の宣伝。
    >ベトナムのパートナーとの契約締結プロセスを監督する。
    駐在員事務所の有効期限は5年間(親会社の営業許可証または設立証明書の有効期限が別途定められている場合を除く)で、有効期限の1ヶ月前に延長申請が必要です。
  • 合資会社(JSC)
    大規模および中規模の企業に適しており、その企業構造は複雑で、少なくとも 3人の創業者を必要とするため、所有者は株式を発行して公開証券取引所に上場することができます。 その登録プロセスも長いです。
  • 有限責任会社(LLC)
    有限責任会社は、中小企業 (SME)に最適であり,ベトナムで最も一般的な法人形態であるため、中小企業にとって優れた選択肢となっています。単一の投資家は、創業者が1人しか必要としないシンプルな企業構造を利用でき、単一の投資家は、最大50人のメンバーを持つ単純な企業構造を利用できます。ベトナムの株式会社とは異なり、1人構成のLLCも2人以上の構成員を持つLLCも株式を発行することはできません。株主責任は、会社の定款に記録された資本金額に制限されています。 以下は、有限責任会社の申請手続きと条件の詳細な説明です。

二、ベトナムで外資企業を登録するための要件は何ですか?

  • 外国人株式保有比率の規制:ほとんどの産業に100%外国資本の投資が認められています。
    これらには、貿易、IT、製造、教育が含まれます。 ただし、次のような特定の活動/サービスについては、株式保有比率が制限されています。例えば:
    .完全に制限:軍事、関連印刷物など。
    .一部分の制限:観光、広告、物流など、ベトナムのパートナーとの合弁事業が必要です。
    .特別な要件と制限: ライセンスの追加要員認定条件:不動産仲介、会計サービスなど。
    世界貿易機関 (WTO)協定は、ほとんどの企業の外国人所有を規制しています。ただし、一部のプロジェクトは、WTO協定または現地の法律によって規制されていません。 この場合、業界の関連部門の承認が必要です。
  • 最低資本金
    ベトナムのほとんどのプロジェクトには、最低資本がありません。ただし、資本金は会社の初期費用をカバーしなければなりません。
    計画投資部門は、あなたの資本金がビジネスに適しているかどうかを評価します。
    一般的に、外資系のサービス会社や貿易会社の資本金は8万~10万ドル以上、生産工場の場合は10万~15万ドル以上が推奨されています。
    さらに、一部のフランチャイズには最低資本要件があります。
    例:言語センター、不動産会社、金融およびフィンテックなど。

  • 登録住所
    ベトナムで会社を設立するには、会社の住所が必要です。 コンサルティングサービスや貿易会社などのサービス型企業は、ビジネスセンターの住所を使用できます。
    ただし、製造、レストラン、小売業など、特定の事業項目には登録された実際の事務所が必要です。

  • 法定代理人
    ベトナムのすべての会社には、少なくとも1人の法定代理人(取締役)が必要です。外国人でも保有でき、居住者である必要はありません。

三、ベトナム会社設立に必要な書類

外国人投資家がベトナムで会社を登録するために必要な登録書類、手続き、条件、および運営プロジェクトの規則は、主にベトナム投資法の規定に従って申請します。ベトナム会社申請に必要な書類は下記の通りです。

1.外国人投資家の法的文書(現地国に認証が必要)。

2.外国人投資家からの銀行の手紙(残高は新会社の定款資本価値以上でなければなりません)

3.ベトナムの会社が登録した会社の英語名。

4.会社の住所、電話番号、ファックス、電子メール アドレス。

5.ベトナム会社の事業項目。

6.ベトナム会社の設立には、法定資本によって設定された業界の法定資本が必要です。

7.会社の各株主の出資額と持株比率。

8.会社の責任者の氏名、署名、戸籍上の住所、国籍、身分証番号またはパスポート番号、またはその他の個人の法的書類。

9.ベトナム登録会社定款の内容。

10.オフィス賃貸契約。

四、ベトナム会社設立の基本的な流れ

  1. 投資情報の確認
    会社名、ベトナム会社の登録資本金、事業内容、株主認証書類など…。
  2. 投資登録証明書の申請(IRC)
    ベトナムで外資系企業を登録するには、まず計画投資省 (DPI) に投資ライセンスを申請する必要があります。 取得には約25営業日かかります。
  3. 企業登録証明書の申請 (ERC)
    ベトナムの企業は、投資計画省からの事業登録証明書(BRC)も申請する必要があります。 BRC は、企業登録証明書 (ERC) とも呼ばれます。 ビジネスライセンスの申請には約7営業日かかります。
  4. 税務登録
    ビジネスライセンスの申請には約7営業日かかります。事業許可を受けた後、税務登録を申請することができます。この申請書は30日以内に提出する必要があり、提出しないと罰則が適用されます。
  5. 銀行口座開設
    適切な銀行を選択して、ベトナム ドン資本口座と外貨資本口座を開設してください。
  6. 資本金振込
    登録資本金は免許取得後90日以内に送金する必要があり、送金が間に合わない場合は再度延長申請を行い、遅くとも1年以内に資本注入を完了する必要があります。
越南設立流程01

1.投資情報の確認

会社名、ベトナム会社の登録資本金、事業内容、株主認証書類など...。

越南設立流程02

2.投資登録証明書の申請(IRC)

ベトナムで外資系企業を登録するには、まず計画投資省 (DPI) に投資ライセンスを申請する必要があります。 取得には約25営業日かかります。

越南設立流程03

3.企業登録証明書の申請 (ERC)

ベトナムの企業は、投資計画省からの事業登録証明書(BRC)も申請する必要があります。BRC は、企業登録証明書 (ERC) とも呼ばれます。ビジネスライセンスの申請には約7営業日かかります。

越南設立流程04

4.税務登録

ビジネスライセンスの申請には約7営業日かかります。事業許可を受けた後、税務登録を申請することができます。この申請書は30日以内に提出する必要があり、提出しないと罰則が適用されます。

越南設立流程05

5.銀行口座開設

適切な銀行を選択して、ベトナム ドン資本口座と外貨資本口座を開設してください。

越南設立流程06

6.資本金振込

登録資本金は免許取得後90日以内に送金する必要があり、送金が間に合わない場合は再度延長申請を行い、遅くとも1年以内に資本注入を完了する必要があります。

ベトナムの法律や規制は時々変更され、文字や言語のギャップと相まって、不必要な時間の浪費や情報のギャップにつながることが多いため、実際の施設の詳細については専門機関を見つけることをお勧めします。弊社は、長年のビジネス経験により、ベトナムのハノイ、ホーチミン市など、ビジネス登録および登録代理サービスを提供し、顧客のためのワンストップローカルサービスに取り組んでいます。ベトナム会社の設立についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。お客様のベトナム市場へのアクセスを協力します。

五、ベトナムの税務と税率

ベトナムで事業を行う外国人投資家は、どのような事業構造を選択したとしても、関連する納税義務を負わなければなりません。ベトナム企業の営業許可を取得した後、付加価値税(VAT)、個人所得税(PIT)、年間法人所得税申告書など、月次、四半期、年次の申告書をベトナム税務局に提出する必要があります。および外国請負業者の源泉徴収税申告書 (ある場合)。 以下は、4 つの一般的な税タイプです。

  • 法人所得税 CIT 20%
    課税対象は、ベトナムで事業を行い、課税所得を得ている組織で、純利益に対して20%の税率が課され、免税措置があり、一部の費用は課税所得から差し引かれます。
  • 付加価値税 VAT10%
    VATは、生産および流通サプライ チェーンのすべての段階で付加価値に対して課されます。関税は商品の種類によって異なり、一般的な商品とサービスは10%、農業、水、食品などに関連する輸出商品とサービスは0%です。
  • 個人所得税 PIT 5%-35%
    税務上の居住者は、全世界の所得に対して個人所得税が課され、個人所得税率は5%から35%の範囲で、非居住者はベトナムからの所得に対して20%の税率で課税されます。
手機廣告圖-越南日文修改_越南-01 (1)

レベル

課税所得/月

税率

計算方法

方法一

方法二

1

≤5,000,000 VND

5%

0+5%受取収入

5%受取収入

2

>5,000,000
≤10,000,000 VND

10%

250,000 VND+余分5,000,000 VNDの10%

10%受取収入
–250,000 VND

3

>10,000,000
≤18,000,000 VND

15%

750,000VND+余分
10,000,000VNDの15%

15%受取収入
–750,000 VND

4

>18,000,000
≤32,000,000 VND

20%

1,950,000VND+余分
18,000,000VNDの20%

20%受取収入
–1,650,000VND

5

>32,000,000

≤52,000,000 VND

25%

4,750,000VND+余分32,000,000VNDの25%

25%受取収入
–3,250,000VND

6

>52,000,000
≤80,000,000 VND

30%

9,750,000VND+余分
52,000,000VNDの30%

30%受取収入
–5,850,000VND

7

>80,000,000 VND

35%

18,150,000 VND+余分80,000,000 VNDの35%

35%受取収入
–9,850,000VND

  • 外国契約者税 FCT 2%-15%
    外資系企業、個人、外国組織のベトナム源泉所得に対して課税されます。ベトナム企業が外国のサプライヤーから特定の商品やサービスを購入する場合に適用されます。
    関連するサービスまたは調達契約に従い、買主は、売主に代わって地元の税務署で外国請負業者税を申告、源泉徴収、および支払う義務があります。外国請負業者税にはVATと法人所得税が含まれ、課税所得の2%から15%の範囲になります。
  • 従業員の社会保険
    ベトナム社会保険局 (SIA)は、政府の社会保障政策の管理を担当しています。
    ベトナム国民の社会保障は、社会保険基金 (SI)、健康保険基金 (HI)、失業保険基金 (UI) の 3 つの基金に基づいています。
    雇用主は、社会保険基金に17.5%、健康保険と出産保険に3%、失業保険に1%を拠出します。 従業員は基金にそれぞれ8%、1.5%、1%を拠出します。
手機廣告圖-越南日文修改_越南-02 (1)

保険対象

ベトナム人労働者の保険比率

社会保障から支払われる給料に応じて

社会保険

失業

保険

医療
保険

合計

退職保険

疾病保険および出産保険

傷害保険

雇用者

14%

3%

0.5%

1%

3%

21.5%

従業員

8%

0%

0%

1%

1.5%

10.5%

合計

32%

年次監査:
企業はまた、次のような年次監査済み財務諸表を関連する機関に提出する必要があります。

  1. 税務機関。
  2. 計画投資部。
  3. 市場管理機関。
  4. 財務部門。

税務申告書と監査済みの財務諸表は、罰則を避けるために締め切りまでに提出する必要があります。
したがって、監査の前に会社の会計帳簿と財務諸表を準備する会計士が必要になります。

六、ベトナム会社設立の注意点

  • ベトナム政府が認める投資書類の認証の有効期間は半年です。
  • ベトナムの登録資本金は、海外株主の口座から資本口座に移管する必要があります。
    また、投資家は、営業許可証の発行日から90日以内に登録された資本を支払わなければならず、期限内に送金できない場合は、投資および出資期間を延長するための追加の手順を実行する必要があります。
  • 事業許可を取得した後、税務登録と申告を開始する必要があります。
  • 銀行口座開設後、10日以内に計画投資部に提出する必要があります。

関連トピック Related topics

Southeast Asia company

フィリピン会社設立

外国人投資家は、法律で定められた株式保有比率に従って、フィリピン人との合弁事業に参加することができます。続きを読むフィリピン会社設立>>

China company

中国会社設立のご紹介

外国投資が中国市場に参入する最大の要因は、中産階級の消費者人口の増加に関連...続きを読む中国会社設立のご紹介>>

Entity company

実体会社記帳代行

在企業開設的初期階段,成本優化的好處不言而喻。其中,如何處理財務與...更多代理記帳資訊>>