匯佳國際 Inter Area匯佳國際 Inter Area匯佳國際 Inter Area

目次

新加坡註冊_小圖1

フィリピンは外国投資のための12番目の通常のネガティブリストを発行します

03_中國訊息

シンガポール主な税務更新

新加坡註冊_小圖3

2月15日から、ベトナムは定期的な国際旅客便の頻度を制限しなくなります

台北 Taipei
TEL:+886-2-2557-5607

台中 Taichung
TEL:+886-4-2320-2793

上海 Shanghai
TEL:+86 21-6090-4391

深圳 Shenzhen
TEL:+86 755-83176807

interarea@interareapsp.com

台湾は企業に適した経営環境を提供しており、土地コストの点で、台湾のビジネスオフィスビルの賃料は他の国よりも低く、管理プロセスは継続的に改善されています。

台湾は、水道、電気、交通、通信などのインフラが整っており、さまざまな投資産業のニーズを満たし、経済的自由度が高く、国際規範に従い、財産権の完全な保護システムを備えています。

国際規範に合わせた外国人投資規制の改正、ビジネスマンや資金はもっと自由に国境を越えて、事業税および会計税の手数料が低く、運用の取引コストを削減できます。

一、台湾の外資系企業の種類

  • 華僑や外国人投資家が台湾に投資する場合、申請できる会社の種類は3種類あり、駐在員事務所/支店/株式会社の3種類の会社があり、種類によって機能や特徴が異なります。外国人投資家は、実際のニーズに応じて計画を立てることができます。関連するタイプの違いは、下記の表で確認できます:
  • 外国人投資家、台湾ビジネスのタイプ比較表

二、外国人投資家による台湾子会社設立の紹介

華僑外資系企業(子会社)は、法的および経済的独立性がある、再投資を行い、支店を設立し、請求書を発行し、卸売、小売、輸出入の業務活動を行うことができます。20%の事業所得税に加えて、配当の20%は送金時に源泉徴収する必要がありますが、関連する税制上の優遇措置があります。

  • 外資系会社の設立
    現在、台湾は外国からの投資を2つのタイプに分けています。華僑と外国からの投資と中国からの投資です。その中で、華僑と外国人投資は、「外国人投資条例」と「華僑の中国への帰国に関する条例」およびその他の規制によって制限されています。ネガティブリストでは、投資が禁止または制限されている業種は40以下であり、オープン率は96%であり、所轄官庁の特別な要件を除いて、他のオープンプロジェクトの投資額の下限または上限はありません。設立手続きには約1ヶ月かかります。
  • 台湾子会社への中国投資
    両岸人民関係条例の規定によって、また、「中国人が台湾に投資することを許可する条例」、「中国の営利企業が台湾に支店または駐在員事務所を設立することを許可する条例」、その投資を規制します。外国企業が直接または会社の株式または投資総額が中国投資の30%以上を占める場合、中国投資と見なされます。現在、中国のビジネスマンは、製造業204件、サービス業161件、公共建設43件を含む、台湾の408件の産業プロジェクトに投資することが許可されています。中国出資の関連投資事業は、投資プロジェクトの内容に基づいて関連情報を提供する必要があります。したがって、審査期間は長く、通常は少なくとも3か月かかります。

三、華僑外資系会社の設立に必要な書類は?

  • 1.新会社設立の社名。
  • 2.事業目的。
  • 3.会社の登録資本金(資本金の査定が必要です。)
  • 4.担当者の身分証明書。
  • 5.株主の身分証明書。
  • 6.最新の住宅税明細書。
  • 7.建物所有権証明書。
  • 8.住宅賃貸契約書。
  • 9.株主の委任状(認証が必要です)。
  • 10.投資計画書。

四、華僑外資系会社の設立流れ

  1. 会社名の事前審査
    会社名を提供して事前審査表を取得します。
  2. 投資資料の認証
    投資資料の認証を行います。
  3. 投審会に申請
    投審会に投資計画の申請書を提出します。
  4. 銀行の準備口座を開設
    担当者が銀行で準備口座を開設。

  5. 資本金払込と審査
    資本金払込して、検証のために投資審査委員会に申請します
  6. 工商登記の申請
    統一番号を申し込む。
  7. 税務登記と統一発票の申請
    担当者が税務署に税務登記に行き、統一発票購入証を申請します。
  8. 正式口座を開設
    準備口座を正式口座に変換します。

1.会社名の事前審査

会社名を提供して事前審査表を取得します。

2.投資資料の認証

投資資料の認証を行います。

3.投審会に申請

投審会に投資計画の申請書を提出します。

4.銀行の準備口座を開設

担当者が銀行で準備口座を開設。

5.資本金払込と審査

資本金払込して、検証のために投資審査委員会に申請します。

6.工商登記の申請

統一番号を申し込む。

7.税務登記と統一発票の申請

担当者が税務署に税務登記に行き、統一発票購入証を申請します

8.正式口座を開設

準備口座を正式口座に変換します

  • インターエリアは、長年にわたる産業および商業の経験を持ち、顧客が台湾で会社を設立するのを支援するだけでなく、税務/銀行/秘書の支援も必要としています。
  • お客様に最も迅速かつ安全なサービスを提供するために、国境を越えたビジネス秘書とリソース接続に精通した専門家がいます。顧客の実際の投資の背景と目的、およびさまざまな製品やサービスによって生み出される新しい経験が、将来の価値を決定します。

関連する話題 Related topics

Taiwan Company

台湾海外支店を設立

外国企業が台湾に子会社または支店を設立する際に考慮すべき2つの重要な要素は、責任と税金に関する考慮事項です。続きを読む台湾外資系支店を設立>>

Taiwan Company

台湾外資系事務所を設立

拠点を設立するために台湾に来る外資系企業は、子会社や支店を設立するだけでなく、....続きを読む台湾外資系事務所を設立>>

Bank of Taiwan

台湾の銀行口座開設

自中央銀行將OBU的業務範圍大幅放寬,開立台灣obu...更多台灣銀行開戶資訊>>