匯佳國際 Inter Area匯佳國際 Inter Area匯佳國際 Inter Area

税務カウンセリング

各国の外国為替非貿易決済

 

各国の外国為替非貿易決済

 

…非貿易および一部の資本プロジェクトに関する支払いに対して税務証明書を発行する…

非貿易経済

一、非貿易証書の概念

  • 中国(上海、深セン)において、非貿易及び一部の資本プロジェクトに関する支払いに対して、税務機関が発行する納税証明書を提出する業務を「非貿易出証」と呼びます。
  • 詳細な説明:非貿易に関する証書とは、国内において、非貿易および一部の資本プロジェクトに関連する対外支払いを行う場合、納税証明書を銀行に提出することを指します。機関(企業、団体、組織など)および個人が非貿易および一部の資本プロジェクトの支払いを行う場合、該当する収入に対して納税証明書を税務機関から取得し、銀行に提出する必要があります。

二、非貿易出証の適用範囲は?

  • 海外企業が商標、特許、独占技術等の無形資産を国内企業に許可し、その特許使用料を国内企業から受け取る。
  • 海外企業がグループ内の会社(国内企業を含む)に統一管理サービスを提供し、グループ統一基準に従って管理費を請求し、統一管理活動の費用を補償する。
  • 海外企業がサービス契約に基づき、特定のサービスを国内企業に提供し、サービス料を請求する。管理費に比べ、サービス料はより特定のプロジェクトに関連しており、例えば、国内企業の従業員トレーニングなどがある。
  • 海外企業が国内企業の外国人従業員の給与、保険、福利厚生費を代行支払いし、外国人従業員の給与と関連費用の機密性を確保するため、国内企業から一括して請求する。また、海外企業は研究開発、トレーニング、広告、ソフトウェア開発などを組織し、一括して費用を前払いした後、一定基準に従って各社(国内企業を含む)に配分する。
  • 海外個人の国内での報酬、海外機関または個人が国内から受け取る配当金、利益、直接債務利子、担保料などの収入、および常時移転プロジェクト収入。
  • 海外機関または個人が国内から受け取るリース料、不動産譲渡収入、株式譲渡収入。

三、非貿易出証の発行にかかる税金

非貿匯出圖片

個人所得税

法人税 

営業税

付加価値税

追加税